安全運行への取り組み

運輸の安全委に関する考え

株式会社旅人は車社会を担う一員として、交通安全への取り組みを究めることを目指しております。社員の心得として、「安全」こそが最も重要で基本となるサービスであると考え、お客様に安心してご利用頂けるよう、社員一丸となって交通安全への取り組みを日々行っております。

法令遵守

運送法及び道交法を確実に守ります。運輸安全に関する情報の連絡体制を確立し、必要な情報は共有し、乗務員が常に安全運行が出来るようサポートします。

社員への交通安全教育

社員教育として、交通法規の厳守・無事故無違反の徹底などを基本に、安全運転の誓いやモラル向上のため前向きに取り組んでいます。
また、事故事例を用いた危険予知などの啓発活動を実施し、交通安全意識のより一層の高揚を図るとともに、全社員に周知させることにより、交通安全の重要性の認識を高め、安全運転の徹底をしています。

デジタルタコグラフ内蔵型ドライブレコーダー

デジタルタコグラフはドライバーがどの道を何キロで何時間走行し、何回ブレーキを踏んだか?急ブレーキなのか? 走行データーが手に取るように判るすぐれものです。 ドライブレコーダーとの連動となりますので、安全管理、危機管理 が顕彰できます。 GPSでバスの位置情報が会社内の事務所で把握できますので、事故等による渋滞情報の指示することができます。

デジタコの省燃費とドラレコの予防安全がついに一体化!

YAZAC-eyeにて記録された情報及び記録画像を表示します。
3台のカメラ記録画像の動画再生ができます。
センサーグラフ(速度/エンジン回転数/加速度/外部CH情報)を表示します。

 

 

 

 

カメラの映像と同期した地図をスクロール表示します。
ドライバビュー(速度メーター/エンジン回転メーター/3Dグラフ/ウィンカー/ブレーキ)を表示します。

 

 

 

ハザードマップ作成機能

トリガ記録データから発生場所を地図上に表示し、ユーザー独自のハザードマップを作成します。
ハザードマップデータの登録/編集/印刷ができます。

 

 

安全運転日報

運行毎に速度・距離・回転のグラフを表示するとともに、一般 /高速、実車/空車、バック走行、アイドリング等の走行状態、安全運転・経済運転のレーダーチャート分析をA4サイズ1枚に収めた運転日報で、日頃の安全管理に役立ちます。さらに、SDⅥシステムでは、車載機(DTG4)の危険兆候運転警報がこの日報に反映することが可能です。この安全運転日報は、お客様の運用に合わせて、入庫時に自動印刷することが可能です。(モノクロ/カラープリンタ対応)

 

 

 

速度チャート

速度・距離・時間に加え、エンジン回転のグラフ表示(分解能0.5秒)を行うとともに、一般/高速、実車/空車、アイドリング等の走行状態の分析ができます。また、グラフの表示は5段階の時間スケール(24時間、12時間、6時間、2時間、6分)で表示することが可能です。バック走行、速度オーバー、エンジン回転オーバー、急加減速等の発生箇所を地図を使って表示することも可能です。地図は標準添付のプロアトラス地図、および別売のMapDK5を使うことができます。
外chバーチャートからY-eyeトリガのバーをクリックするだけでドラレコ解析画面へ移動し、トリガ映像を確認できます。

プロのバスドライバーの仕事は、12メートルもある巨大なバスを安全に運行し、 お客様のニーズに応え、50名様以上の乗客の命を預かる責任あるお仕事です。